夏休み自由研究

  • 水滴くんのぼうけんを追え!
  • ふしぎな花びんを作ろう!
  • 水のフォト俳句575
  • 水道のねだんから日本を知ろう!世界を知ろう!
  • たから物入りスノードームを作ろう!
  • 浮沈子をつくろう!
  • 折り染めで遊ぼう!
  • 水滴くん、蛇口までの旅
  • サイフォンのひみつを調べよう
  • マーブリングの世界を楽しもう!
  • 「○○結晶」を作ろう!
  • 水玉めいろを作って遊ぼう
  • 水の性質を調べよう
  • 日本各地のご当地水道キャラクターを調べよう

  • 企画・制作:小学館

    水滴くんのぼうけんを追え!

    コップの中の水にティッシュペーパーをつけると、水が上によじ登ってきま
す。とてもきょうみ深いことです。水はなぜ自分からよじ登ってくるのでしょう?水には、すきなところと苦手なところがあるのかもしれません。「どれだけ登れるのか」とか「紙の質でちがいはあるのか」など、身の回りにあるもので実験してみましょう。

    用意する物・水・絵の具・プラスチックのコップ・ガラスのコップ・ティッシュベーパー(半紙、コピー用紙など、ほかの種類の紙があってもおもしろいです)・ボールペン・おさら

    (1)プラスチックのコップ(左)とガラスのコップ(右)に水を入れて、水面をくらべてみましょう。ちがいがわかりますか?ガラスコップのほうだけ、水面のふちが少し持ち上がっています。水とガラスは、あいしょうがいいのです。同じように、水とあいしょうがいいものに、紙があります。

    (2)コップに、絵の具で色をつけた水を入れます。次にティッシュをたてにたたんで1cmごとの目もりを書き、ティッシュをゆっくりと色水につけます。色水がどのようになるか、予想をして から実験しましょう。どこまで色水が上がってくるでしょうか。(3) たてにたたんだティッシュをコップの外にたらし、水が「どのくらい出るか」、「時聞はどれ くらいかかるか」などを実験してみましょう。

    ・かわいたティッシュと、古いしよからぬれたティッシュのちがい・半紙とコピー用紙のちがいなど、調べてみるとおもしろいです。水がこぼれてもいいように、コップの下におさらなどを置いておきましょう。「水がティッシュペーパーをよじ登るのはどうして?」このように、水が紙などを伝って登っていくことを、毛管現象(もうかんげんしょう)といいます。水はものすごく細いすき間やあななどに入ると、伝って登っていくせいしつがあるのです。

    (4)調べたこと、わかったことを写真や絵と文でまとめてみましょう。自由研究のまとめ方の例。自分に合った方法を見つけてみましょう。・クイズでまとめる!今回実験でわかったことをクイズにしてみましょう。「移動するのにかかった時間」や「移動した水の量」などをいくつかのせんたくしにして、友だちに問題を出すのもいいですね。・さらに調べてみる!毛管現象はほかにないか、さがしてみるのもおすすめです。身近なものの中にあったりして、新たな発見があるかもしれませんよ。その他にも!紙でできたストローのふくろをじゃばらにちぢめて、そとに水を垂らすと、 紙が水をすってゆっくりとのびていきます。今回勉強したしくみをつかつて、このような遊びを考えてみましょう。「手をつかわず、2色の色水をまぜる」や「水の移動を競争する」などの方法も、おもしろいですよ。