夏休み自由研究

  • 水滴くんのぼうけんを追え!
  • ふしぎな花びんを作ろう!
  • 水のフォト俳句575
  • 水道のねだんから日本を知ろう!世界を知ろう!
  • たから物入りスノードームを作ろう!
  • 浮沈子をつくろう!
  • 折り染めで遊ぼう!
  • 水滴くん、蛇口までの旅
  • サイフォンのひみつを調べよう
  • マーブリングの世界を楽しもう!
  • 「○○結晶」を作ろう!
  • 水玉めいろを作って遊ぼう
  • 水の性質を調べよう
  • 日本各地のご当地水道キャラクターを調べよう

  • 企画・制作:小学館

    水滴くん、蛇口までの旅

    私たちが毎日使っている蛇口の後ろには何がつながっているのでしょう? じつは、そのまま飲める東京のおいしい水は、蛇口にとどくまでに、さまざまな場所や施設を通って、長い長い旅をしているのです。自分の力でいろいろと調べ、新聞やすごろくなどにして、まとめてみましょう!

    蛇口をひねると、水が出ますね。蛇口の後ろには何がつながっているの?(東京のある小学校での調査)たとえば、こんなふうに考えたお友達がいます。海とか川につながっているんじゃないの?

    川があって、ダムがあって、そこにつながっているんだよ!ちがうよ!マンションの屋上だよ!

    あなたは、どう思いますか?調べて自由研究にまとめてみましょう!図書館の本で調べたり…インターネットで調べたり…お父さん、お母さんにお願いして…

    夏休みの家族旅行で、関係する場所を見学させてもらおう!

    ①水源林…雨が土にしみこみ、地下水としてたくわえられて、少しずつ川に流れ出ていきます。②ダム……計画的に水を貯えます。貯えられた水は、発電所で発電に使用されることもあります。③せき……川の流れや水量を見て、どれだけの量を水道水として取り入れるかを決めます。水道水として使用する水は浄水場へ、残りの水は再び川へ戻されます。④浄水場…いろいろな作業をして、安心して飲むことができる水道水にします。どんなことが行われているか、調べてみよう!⑤給水所…水の使われる量は時間によって違うため、水を送る量や送り出す圧力を変えています。クリックで拡大した絵は、プリントして、はさみで切って、自由に使えるよ! 研究に役立てよう!

    作品例1「水滴くんの旅」すごろくをつくろう!雨としてふった水滴くんが蛇口にとどくまでをすごろくにしてみましょう。各マス目に絵とかんたんな説明を書いていきます。「せき」や「ゴール」手前でわかれみちをつくるのがポイントです。楽しみながら、水道水ができるまでが覚えられますね。※東京都水道局PRソング「水滴くん♪のうた」は下記で聴けるよ♪https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/song/

    作品例2「水滴くんの旅」新聞をつくろう!本やインターネット、見学して調べたことを1枚の新聞にしてみましょう。写真やイラスト、図や表なども入れると、わかりやすくなります。大きな模造紙でつくって、クラスで発表するのもいいですね。